「クレマンダルザス」と「タコと菜花のペペロンチーノ」のペアリング

更新日:2021年2月4日

こんにちは! Vin里の SATOKO です!

初のブログ投稿です!

今までどうしてブログを書かないでいたのかと思う今日この頃。。。笑


これからは、ワインに関する事、美味しい情報や

なんでも楽しい事!を書いていきたいと思います。

暇つぶしに、、ご覧いただけたら幸いです!

どうぞよろしくお願いします!


今回は、Vin里 人気商品のクレマンダルザスに合わせて

オイルパスタを作ってみました!


美味しくできたので、

レシピをみなさんにシェアしたいと思いました。

とっても簡単なので、ぜひぜひお試しくださいね。


クレマンダルザスは、

フランス北東部にある冷涼な産地 アルザス地方で造られる

スパークリングワインです。

シャンパーニュと同じ製法の瓶内二次発酵で

とても品質良く泡の持続もシャンパーニュ並!!

フランス人に最も人気のあるスパークリングワインなのです。


爽やかな香りと繊細な泡立ち、

果実の旨味と酸味のバランスが上品で

お魚やオイル系パスタにもよく合います。






SATOKO の レシピ

「タコと菜花のペペロンチーノ」


材料 一人分


①タコ(ボイルしたもの)

 ・80グラム〜100グラム

②菜花(今回は徳島県産の菜花でした。芽キャベツや菜の花でもOK。

 春の食材なので、なければキャベツなどでもOK!)

 ・4房くらい

③唐辛子(種無し輪切りのものがスーパーで100円くらいで売っています! )

 ・小さじ1くらい(お好みで)

④にんにく

 ・半かけ(お好みで)

⑤オリーブオイル

 ・大さじ2 (他に、仕上げにかけるバージンオリーブオイルはあればで良い)

⑥パスタ

 ・90〜100グラム

⑦塩胡椒

 ・少々(お好みで)



作り方

下ごしらえに

①タコを食べやすい一口サイズに切る。

②なばなは下ゆでして、氷水につけて水気を絞っておく。

 3.4センチくらいにカットしておく。

④にんにくは薄切りしておく。


お湯が沸騰した鍋にパスタを茹で上がり時間をセットして茹でる。


同時進行で、熱したフライパンにオリーブオイルと

にんにくを入れてにんにくがきつね色になったら

タコを入れていためる。(にんにくを焦がさないように)

この時、油が飛びやすいので注意!


パスタが茹で上がる少し前に。フライパンに茹でたパスタを入れて

唐辛子→菜花→塩胡椒の順に入れて

パスタに絡ませて味を整える。


仕上げにオリーブオイルをさっとかけてからめせる。

お皿に彩りよく盛ったら出来上がり!


ポイント!

このパスタは早業がポイント!

パスタを茹でながら、

フライパンでタコを炒めるので

ちょっと忙しないですが、、パスタをアルデンテに茹で上がる直前に

フライパンに入れて絡ませると

フライパンの熱で、ちょうど良い歯ごたえのある

パスタの固さになります。


1人前のレシピですが、2人前なら×2で作れます!


1



こんな感じ!

冷やしたスパークリングワインをグラスに注いでボナペティ!

菜花の程よい苦味がオリーブオイルととてもマッチします!




お庭のローズマリーをアクセントに盛り付け♪

ちょっと贅沢にタコ多めです👍




--------------------------------

Vin 里 (ヴァンリ)

ワインコーディネート

https://www.vin-li.com/

Mail:info@vin-li.com

----------------------------------



ワインのご注文はこちら


#ワイン

#クレマンダルザス

#ワインとペアリング

#タコのペペロンチーノ

#なばな

#春の野菜

閲覧数:167回0件のコメント