ドメーヌ・フランソワ・ゲ

ブルゴーニュ地方

ショレイ・レ・ボーヌ

 

 

ショレイ・レ・ボーヌに本拠を置く造り手・フランソワ・ゲさん。

個人のお客様を中心に、

オランダとイギリス以外(それもほんのちょびっと)輸出したがらないところを

5年かかって日本に輸入。

 

彼は7代目となる職人肌のヴィニュロンです。

奥様のマドレーヌさん、8代目のパスカルさんとの3人の運営。

彼のワインは、華美な装飾がなく、「伝統的で普遍的な美しさ」を感じることができます。

昔からの伝統を重んじる造りですが、現代でもなぜか古めかしさを感じない。

静粛な「美」であり、いつの時代にあってもやすらぎを覚えるような、

そんな時代とともに価値が落ちることのない存在であると認識できます。

力強さと、繊細な果実味との融合が素晴らしい。

7世代続く伝統のマセラシオン・ショー。

最初の発酵は7度くらいでの低温発酵、次に最高35度まであがるような発酵をする秘伝が、

ムシュー・ゲのワインをかたち造ります。

まさにこれは職人の仕事です。

 

構成の頑固さを最大限に表現したムシュー・ゲのワインは、

若くして味わうときにも今の良さを十分に味わえます。

 

 

フランソワ・ゲ サヴィニ・レ・ボーヌ 2016 赤 

8,400円

 

【 ワインの紹介 】

ピノノワール100%

サヴィニらしい繊細さのなかに、旨味が凝縮しています。

新緑、甘い芳香。

しっかりとした果実味と清涼感。

ムシュ・ゲのメッセージがこめられています。 

すごくおいしい本筋のサヴィニです。

フランソワ・ゲ サヴィニ・レ・ボーヌ 2016 赤

¥8,500価格