畑はプルミエ・クリュに指定
チョーク土壌の素晴らしいテロワール

 

 

 

ダニエル・デュモン氏は1970年代初頭に蔵元を設立。以来絶え間の無い発展を続け、現在では10ha、年産8万本強の生産。現在は二人の息子さんが蔵元を引き継いでる。主にアラン・デュモンが畑仕事、奥様のマリー・クレールがセールス関係、ジャン・ミッシェル・デュモンが醸造関係の仕事を受け持っています。

”我々はレコルタン・マニュピュランとして存続している”すなわちオーナーであり、造り手であり、商いもします。このことこそがシンプルに、そして事実を伝えることができるのです。どんな品質のブドウを使うかが一番重要で、シャンパーニュの品質は、使用するブドウ如何によると考えています。

 

【 ワインの紹介 】

ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%。

ほわほわとした柔らかい泡立ち。シャルドネを40%使用しているだけあり

繊細で美しい個性がきわだっています。

ほんのりと甘い香りがたちのぼり、甘く美しいボリュームが口いっぱいに広がり、

最後の余韻で喉の奥に酸味とグレープフルーツの皮のようなビターな味わいを感じます。

食前はもちろん、タルトなどの軽めのデザートとも相性抜群!

ダニエル・デュモン シャンパーニュ ブリュット・グラン・レゼルヴ NV

¥6,500価格