ドメーヌ シャンタル レスキュール Chantal LESCURE

 

【生産者説明】 まったく旨いブルゴーニュの造り手。

ニュイ・サンジョルジュに本拠があります。

1996年からマダムの遺志を継いだムッシュ、フランソワが陣頭指揮をとっています。

以来、毎年のように評価が向上。“常にエレガントさを” “テロワールを尊重し、 時間と労力をかけて”と語るムッシュの言う通り、 ワインにはエレガンスさが骨格にきちんとあります。

コルクはタンニンとクオリティーに影響すると考え、1本抜きのものを選別しています。

もちろん樽も、木を育てる森と、樽造りの職人にこだわります。

除草剤、化学肥料を使わない、自然なぶどう栽培を実践。

そのためか、畑のあちこちに小鳥の巣が見られます。

いわゆるリュット・リゾネ(対処農薬栽培法)を実践し、肥料は有機です。

害虫などがあらわれて、ぶどうの木がおそわれた時、 必要な場所に必要な薬剤を処方するというもの。

 

ニュイ・サン・ジョルジュ <レ・ダモド> 2013 赤 

 

ヴォーヌ・ロマネ側に位置する畑。 とても複雑でしっかりとしたテロワールの畑なので熟成を長めにして仕込んでいます。 あくまで最後までスムースで、とても力強くパワフルな印象です。 しかし、常にフルーティーさと、エレガントさを保つよう表現しています。 甘いタンニンも持ち味です。このワインもかなり素晴らしい逸品です。 どことなく「いぐさ」のような香りがワインにあり、「フンフン」とかおっていますと、 その魅力に誘い込まれてしまいます。 今買って、できれば十年は、涼しいセラーで機嫌をとっておきたいですね。 そう、このワインの正体がわかるには少なくともそれそうおうの年月が必要だと思います。

 

 

ドメーヌ シャンタル レスキュール ニュイ・サン・ジョルジュ <レ・ダモド> 2013 赤

¥15,400価格