1890年より5世代に渡りワインを造り続ける。

高い名声は父親のフェルナンから飛躍的に伸び、そして息子のローランになりその地位を確実なものにしています。

小さな家族経営ですが、きれいで美しいワイン造りが共通しています。

 

現代の醸造技術を尊重しつつ、あくまで伝統的製法。

ピヨさんには独自の確固たる栽培・醸造哲学があります。

本人いわく「ピヨ・ディナミ」とのこと笑

 

彼らの仕込むワインは、

ゴ・エ・ミヨ・ル・ヴァン4つ星★★★★

ギ・ド・アシェット、ブルゴーニュAujourd’huiなど

きなみ高い評価を受けています。

 

ピノノワール100%

なまめかしいルージュ色は芯まで色濃く、深みがあります。

香りは瑞々しい赤い果実に、松のような香り、

少し焦がしたような樽のニュアンスも少々、口のなかで広がりを見せる味わい。

うまみが強く、丸みしっかりとしたタンニン骨格がしっかりとした、強い印象があるワイン。

最近試した中ではこのワインが一番かも。。

ローラン・ピヨ  ボーヌ1er Cru <ブシュロ> 2016 赤

¥11,500価格